男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【119話】ネタバレと感想!

「週刊少年マガジン」2019年30号に掲載されている「男子高校生を養いたいお姉さんの話」119話のネタバレです。

前回のあらすじ

118話のラストでは実がしおりの額を洗おうとしたと同時にキスしようとしたら彼女の胸に当たったところで話は終わりました。

最新話の120話では修学旅行当日の話になります。

最新話のあらすじ

不安がる実

実は今日から3泊4日の修学旅行を迎えていたがしおりの事が不安で仕方がありませんでした。

泣くんじゃないかとか、寂しがるんじゃないかと心配で心配でなりませんでした。

実はしおりが前日も特に大騒ぎをする様子も無かったのが返って不安に感じていました。

笑顔で送り出すしおり

そこへしおりと会います。

「あっ おはよう実君!!」

しおりは元気よく実に挨拶をすると実は想定していなかったのか内心驚きます。

しおりは遅刻しないように気をつけてと言うとお小遣いを用意します。

ただお小遣いが普通に札束だったので実は多過ぎると言って減らしました。

全然自分を心配する素振りを見せないしおりに逆に不安に思った実は無理していないかと、言いたい事を好きなだけ言っていいと、お土産のリクエストはあるかと言うがしおりは大丈夫と言います。

更に実は観光名所の写真を撮ろうかと言うとしおりはそれも大丈夫と言い、自撮りしようかとも言うとそれは欲しいと言います。

そしてしおりは実を送り出すのでした。

実の不安的中

実は出かける素振りはしますがすぐさま引き返して家のドアを開けると大荷物を手にした出かける服装のしおりを見つけて何処へ行くつもりなのかを問い詰めます。

そして行先も実と同じ京都であり、しおりは実の楽しそうな姿を見たかったと白状しました。

感想・考察

しおりの豹変

今回は実の修学旅行当日の話となりました。

実が思っている事とは裏腹にしおりは普通に対応している事に驚きました。

一生別れると言う訳ではありませんが実とは離れ離れになるのでしおりはさぞ心配するかと誰もが思っていたはずです。

なのにしおりのこの態度には私もそうですが誰もが驚いたと思います。

余りに感じが違うしおりの表情と態度には何か裏があるのではないかとも感じました。

やはり行きたかったしおり

最後の最後で実の後をついて行こうとしていた事がバレてしまいました。

実からしたらこんな事だろうと思ったと言った心情なのでしょう。

言い訳からしても迷惑はかけるつもりはなくても密かに行こうとしていた事が伺えました。

私は最終的にはこうなるのではないかと思いましたが、この方がしおりらしくていいやと少しホッとした自分もいるという感じになりました。

次回は修学旅行の話になると思います。

今回の話の最後で実に見破られたしおりですが結局はついていく事になるのではないかと思います。