マコさんは死んでも自立しない

マコさんは死んでも自立しない【92話】ネタバレと感想!

「週刊少年マガジン」2019年30号に掲載されている「マコさんは死んでも自立しない」92話のネタバレです。

前回のあらすじ

91話のラストでは新しい住人であるシンシアの歓迎会を行い、マコがシンシアにリンの事好きになりすぎたら困ると言ったところで終わりました。

最新話の92話でもシンシアが登場します。

最新話のあらすじ

イチャイチャ禁止

新しくアパートに越してきたシンシアはリンとマコの家にやって来ます。

理由はちゃんとした生活をしているのかのチェックと引っ越しの挨拶でした。

リンは真面目だなと思いながらシンシアが持ってきた品を受け取ります。

そこへマコがやって来てリンに抱き着いたのを見たシンシアは英語でモラルハザードと言います。

シンシアは付き合っているとはいえ同棲は早すぎるから風紀が乱れないように監視に来たと2人に告げます。

マコは風紀を乱すようなことって何と聞くとシンシアは顔を真っ赤にして自分にそのような事を言わせるのは風紀違反だと言います。

一旦我に返ったシンシアはイチャつくのを禁止します。

しかし、リンはドヤ顔で自分とマコは同棲しているがイチャイチャ出来てないと言うが目から涙が出てきます。

監視付きの買い物

そしてシンシアは2人がこれから買い物に出かけるのを知るとデートまでに首を突っ込むのはどうかなと思っていました。

しかし、マコがスマホをリンとお揃いにしようとしているのを聞くと参加する事にします。

そしてデパートに行くと早速2人がイチャついていたのでシンシアは引き離します。

更にシンシアは何処がイチャつけてないのかとリンに言うとリンはいつも距離感過ぎて気づかなかったと答えると気づき方が気持ち悪いと感じていました。

マコは何で男女の仲に厳しいのと聞くとシンシアはハレンチだからと答えます。

そしたらマコはどうハレンチなのと聞き、シンシアは何かハレンチだからと言ったのでリンは語彙量を失ったぞと突っ込みます。

シンシアが男女の仲に厳しい理由は自分の国には恋人が多く、人前で平気でイチャつくので目のやり場などに困るからでした。

それを聞いたリンは日本は控えめだからなと言いながら試食コーナーのウインナーをマコに食べさせます。

その光景を見たシンシアはやらしい発想をしたのか顔を赤らめながらそれはハレンチだと言います。

そしたらリンの友人がやって来て、シンシアに声をかけるがシンシアはリンの後ろに隠れてやめろ寄るなと言います。

やがてその友人は別の友人に連行されていきます。

リンは自分の後ろに隠れてよかったのかと聞くとシンシアは初対面の男よりはマシだと答え、前回の事を踏まえて考えたリンは少し嬉しいと感じていました。

監視した結果

シンシアは2人を監視していた結果、良い人達なのは分かったが何処でもイチャつけるので監視を強化する事にしました。

その証拠に2人は買い物袋を一緒に持とうとしていたので自分が持っていくと言って奪い取ります。

リンはシンシアの行動は手伝ってくれるから有り難いと思っていたがマコに元気が無かったので声を掛けます。

「…ただ 今日はシンシアばっか構っててシンシアが羨ましいなーって思っただけ」

マコはリンの服の袖を掴んでこう言うとリンは顔を赤らめます。

シンシアは背後からイチャついている空気を感じ取っていました。

感想・考察

シンシアが厳しい理由

今回、シンシアが自分の国の恋人関係が原因で男女の仲に厳しいのが明らかになりました。

そこから性格が真面目なのと純情なのも分かりました。

真面目なのは遅れながらも引っ越しの際の品を渡したところからも分かります。

ただちょっとやらしい妄想をしてしまうところもあるようです。

マコが風紀を乱すような行動の事を聞かれたり、リンがマコにソーセージを食べさせていた時にそのような妄想や発想をしていました。

恐らく幾ら厳しくしてもリンとマコは自然体でイチャつくのでやがて厳しくするのを諦めると思われます。

監視対象は全員になる?

今回、リンとマコを監視していたシンシアですが監視対象は姫達にも向くと思います。

姫達がまともじゃないのは前回の話で周知済みなので監視する可能性は高いと思われます。

しかし、これも最終的には監視を諦めるのではないかと可能性はあります。

次回もシンシアがメインで上記の事をするのではないかと思われます。

もしくは春にちなんで花見とかする可能性もあり得ると思います。