ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【119話】ネタバレと感想!

「週刊少年ジャンプ」2019年33号に掲載されている「ぼくたちは勉強ができない」119話のネタバレです。

前回のあらすじ

118話のラストでは成幸とあすみが温泉に行った事が、双方の家で一悶着起こったところで終わりました。

最新話の119話ではある事がきっかけで、成幸が高校生の真冬とデートします。

最新話のあらすじ

掃除での出来事

某日、真冬に頼まれて共に掃除をする成幸。

余りの汚さに強盗に襲われたのかと思ったと呟く成幸に、真冬は辛辣だと突っ込みます。

掃除していると昔潰れた遊園地のチケットがを見つける成幸。

行かなかったのかと聞く成幸に対して真冬はフィギュアで忙しかったかつ興味が無かったから忘れてたと言い、捨てるように言う。

「「ペア用」…ほんとは恋人さんとかと行きたかったんじゃ…?」

成幸はニヤニヤしながらこう言うと、真冬はどうでもいいでしょと言って取り返そうとします。

しかし、その際に家具に足を引っかけて成幸に胸を押し当てた状態で倒れます。

しかも倒れた際に成幸は、置いてあった家具に頭をぶつけて気絶してしまうのです。

真冬が慌ててしっかりしてと言うが、彼は起きませんでした。

高校時代の真冬と遊園地

成幸は目を覚ますと、目の前に何処かで見たことがある女子高生がおり、周囲は商店街がありました。

何が何だか分からない成幸に、女子高生は既に潰れている遊園地のチケットを見せてどう行けばいいのかと聞いて来たので余計混乱します。

「早期発見!!もう逃がしませんよ!!真冬姉さま!!レッスンをさぼるなど…この未春が断じて許しませんっ!!」

遠くから幼い感じの未春がやって来て、女子高生を真冬と呼んでいたので成幸はもしやと思ったがそんなわけないとも思っていました。

その間に真冬が逃げていたので、チケットを持ったままの成幸が急いで彼女を追います。

やがて潰れていたはずの遊園地がやっていたので、成幸は驚いており、そこへ新聞が飛んできたので見てみたら自分はタイムスリップしていると実感していました。

そして成幸は真冬に名前を聞くと、彼女は桐須真冬と名乗ったのでやはりと思っていました。

真冬が受付に行ったのを見た成幸は、今と比べたら性格が違うと思っていたがペアチケットなのを今知ったのを見たらやはり真冬だと思っていました。

まずはジェットコースターに乗りますが、真冬の安全装置が外れてしまったので成幸はこれが遊園地が潰れた理由だと悟ると、彼女の手を握るのでした。

「暗中模索!!姉さまどこですかー!?未春はここですよーっ!!!」

未春が探しに来ていたので2人は慌ててお化け屋敷に入ります。

真冬はお化け役の人達に驚かず、むしろその出来に興味が抱いていたので、成幸はお化け役の人達に理珠なら5回倒れてるとフォローします。

ようやく出口に差し掛かると目の前にゴキブリが現れ、真冬はそれに驚くのでした。

それから2人は未春から逃げながら楽しみ、最後に観覧車に乗るのでした。

習い事が厳しい真冬にとって今日は楽しかったと言います。

やがて未春に見つかってしまい、真冬はさっきのコースターで写真を買っていたと言って見せようとしますが中々出てきませんでした。

その様子を見ていた成幸は、片付け出来ないのはこの頃からかと思っていました。

その時、風が吹いて観覧車が揺れて、真冬がバランスを崩して倒れてしまい、その際に胸が成幸に当たると彼は窓に頭をぶつけて気絶しました。

現在へと帰還

目を覚ますと周囲は真冬の部屋で、自身は真冬に膝枕された状態にありました。

成幸が目覚めた事で真冬は安堵し、彼女曰く二分ほど気を失っていたとのことです。

(盛大な夢オチ!?)

成幸はそう思っているとタンスの上にある写真立てに、高校時代の真冬と男子生徒が乗っているジェットコースターの写真が載せてあったのを見つけます。

真冬は一度レッスンを休んで遊園地に行った際に撮ったものだと、ただ誰と行ったのかは覚えていませんでした。

それを聞いた成幸はつい微笑むと、テンパらずにチケット引き換え出来そうかと聞くと、真冬は当然でしょうと言うのでした。

感想・考察

高校時代の真冬

今回は第2回キャラ人気投票で真冬が一位になったので、その投票結果を元にして作られた話でした。

高校時代の真冬と、今の真冬は雰囲気がまるで違う印象を受けました。

今の真冬は真面目で厳しい感じの先生ですが、高校時代の真冬は真面目な面は変わりませんが、可愛くて物腰柔らかくてとっつきやすい雰囲気になっていました。

それに熟語を交えて話したり、整理整頓が出来ない面、チケット引き換えの際のポンコツぶりは今も昔も変わらない感じがしました。

変わらない未春

そして妹の未春は今も昔も変わらないようですね。

フィギュアで活躍する姉を慕い、今回サボった姉を連れ戻そうと遊園地まで来て、四字熟語を会話の中で交える等全く変わってなかったので何かほっこりしました。

次回は2学期の終業式の話になるみたいです。

その際に、うるかが成幸に何かをしようとする話になるそうですが、恐らく本当の愛の告白をするのではないでしょうか。

以前の告白は成幸にとっては練習だと捉えられているので、ちゃんと告白すると思われます。