男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【123話】ネタバレと感想!

「週刊少年マガジン」2019年32号に掲載されている「男子高校生を養いたいお姉さんの話」123話のネタバレです。

前回のあらすじ

122話のラストではしおりが実にどの体型がいいのかと聞こうとし、それを黒澤が止めたところで話は終わりました。

最新話の123話でも修学旅行の話になります。

最新話のあらすじ

しおりに会おうとするクラスメイト達

「もう消灯時間過ぎてるのに…カメラマンの部屋に突撃しに行く…!?」

実は同じ部屋にいるクラスメイト達がしおりの部屋に行こうとしていた事を知り、こう言うのでした。

クラスメイト達の話ではしおりは若くて美人で巨乳だとの事です。

既に行く方向に決まりかけており、実は何とか止めようとしていました。

暴露した涼介

そこへ涼介がやって来て、アポなしで会うのは駄目だと言ったので実は安堵します。

そしたら涼介はしおりが実の姉だと暴露し、許可を取るなら実に取れと言ったのでクラスメイト達も実も驚きます。

すぐさまクラスメイト達は実に詰め寄りますが、中にはクラスが違う者もいたので実はどこから入って来たのと突っ込みます。

詰め寄ってくる皆に対して実はしおりはカメラマンとして来ていて、今は消灯時間を過ぎているから無理だと言います。

まさかの展開

そしたらしおりが自分の方から実達の部屋にやって来ました。

「ご ごめんね 消灯時間も過ぎてるのに…最低な迷惑行為だってことはわかってるの…」

しおりはそう言うとカメラマンとして来ているから、実の消灯後の写真を何としても収めたいと続けて言いました。

実は自分から来てしまうのかと心の中で思い、涼介達は来てくれたことで喜びます。

そこへ先生の大声が響いたので実達は布団の中に隠れます。

その際、実としおりは同じ布団の中に入り、実は出ようとするしおりを抱きしめるのでした。

感想・考察

バラした涼介

今回の話で涼介が室内にいる皆にしおりが実の姉だとバラしました。

元々涼介はあのカメラマンはしおりだと気づいており、一応連絡するためのメールアドレスを貰いましたが外れのものだと勘づいていました。

しかし、それでも諦めていませんでしたが実に頼んでも断られるのは目に見えているので、室内の皆を巻き込んで来るように仕向けたのではないかと思います。

結果、しおりが自分から来たので御の字みたい感じなんでしょうね、先生の声さえなかったらですけどね。

偶然の一緒の布団

最後に先生の声が聞こえて皆隠れましたが、実としおりは一緒の布団に入ってしまいました。

先生が入って出ていくまではこのままだとは思いますが、問題はしおりが耐えられるかどうかです。

只でさえ実に抱きしめられるのを恥ずかしがっているのに、今は抱き着いた状態ですからね、実達が助かるか怒られるかは彼女次第だと思います。

次回は今回の話の続きになると思います。

しおりを抱きしめている実ですが、一体どうなっていくのか気になります!