マコさんは死んでも自立しない

マコさんは死んでも自立しない【91話】ネタバレと感想!

「週刊少年マガジン」2019年29号に掲載されている「マコさんは死んでも自立しない」91話のネタバレです。

前回のあらすじ

90話のラストではトモカの誘いで大学を見学しに来ていたリンがずっと自分の事を見ていたのを知ったマコは声かけてくれれば良かったのにと言ったところで終わりました。

最新話の91話ではリン達が住んでいるアパートに新しい住人が登場します。

最新話のあらすじ

新しい住人は留学生

リンはマコから期間限定で留学してきた外国人がこのアパートに引っ越す事を聞かされます。

賑やかになるなと思うリンにマコが同意します。

「日本にもこのアパートにも良いところがたくさんあること知ってほしいなー」

マコの言葉にリンは同意するがこのアパートに住んでいる住人達を思い浮かべると良いところはあるのかと思います。

そして留学生で高校1年生のシンシアがやって来ます。

マコも彼女と会うのが今日が初めてで、リンは映画で挨拶、マコはスラスラと英語で声を掛けます。

「ごきげんよう はじめまして 本日はお日柄も良く……」

シンシアは普通に日本語を喋り出したのでリンはめちゃめちゃ流暢だと突っ込み、マコは顔を赤らめます。

シンシアはコミュニケーションを取れないのが不便だと考えていて勉強をしてきたから日本語を話せるのです。

マコは何のための留学なんだろうと思っており、リンは自己紹介して握手するために手を差し伸べます。

しかし、シンシアは男性が苦手なので手袋を履いてリンと握手してよろしくお願いしますと言ったのでよろしくできるかなと呟きます。

住人の紹介

シンシアはマコとは普通に会話をしているので男性だけが苦手なのだなと思いながらリンは住民紹介を始めます。

まずは姫を紹介しようと家のドアを開けると彼女は忍とSMプレイに興じていました。

ドン引きしているのではないかとリンはシンシアを見ます。

「同委のプレイでも場合によっては傷害罪に問われますが…あれくらいならまだ大丈夫なのではないでしょうか」

シンシアは平然としながらそう言っていたのでリンは何の話と突っ込みます。

それから鱒沢の家に行き、彼女は拳銃を手にして出てきます。

シンシアはさっきとは打って変わってパニックになっており、マコの後ろに隠れて武器を捨てなさいと叫びます。

リンは大丈夫だと言いますが鱒沢が謝って拳銃を捨てたのでリンは本物じゃないよねと突っ込みます。

最後にリカを紹介しますが風が吹いてリカのスカートがめくれます。

しかも下着を穿いていない上にリカは女装男子なのでシンシアは気絶します。

リンは何で何も穿いてないんだと言いますがリカは自宅だし自由じゃないと正論を言うのでした。

歓迎会

結局、マコやリン以外はまともな人がいなかった事にシンシアは落ち込みます。

そしたら姫達がやって来て歓迎会を開くことになりました。

歓迎会は盛り上がり、シンシアは姫達は変だけど悪い人達ではない事を理解したがリンに対して未だに苦手意識がありました。

姫にその事を言われるとシンシアは自分は女子校に通っていたから苦手と言います。

そんな彼女に姫は歓迎会を企画したのはリンだと、今は苦手でいいけどそのうちこのアパートに馴染んている理由が分かると言います。

「あ…でも好きになっちゃうと困るかな…リンさん良いとこばっかだし…シンシアカワイイし…」

マコは顔を赤くしながらそう言うと姫と鱒沢は思わず吹き出し、シンシアは何が何だか分かりませんでした。

そんな会話をしている事を知らないリンは食器を洗いながら盛り上がってるなと呟くのでした。

感想・考察

新しい住人のシンシア

今回から新しい住人としてシンシアが加入しましたがまともそうな人で良かったと思いました。

リンとマコを除いて今いる住人である姫は超ドSですし、忍は姫とは真逆の超ドMですし、リカは天才だけど女装男子ですから正直変人ばかりです。

鱒沢は姫達に比べればまともですが拳銃マニアですからね…これ以上変人が加わるのはきついなと感じていましたのでなおの事良かったと思いました。

それに日本で不自由なく過ごせるために事前に日本語を勉強するなど真面目な部分がありますから日本にはすぐ馴染めると思います。

リンを始めとした男性が苦手だそうですがそれも徐々に慣れてくるのではないかと思います。

それとマコも気にしていましたが日本に留学した理由が未だに分からないのでいずれ語られるのではないかと思います。

好きになると困るマコ

上記でも言いましたがシンシアはリンの事が苦手です。

姫からは今は苦手でも大丈夫と言われますがマコは気にしていました。

マコも言っていましたがシンシアは可愛いですし、スタイルもマコより上なのでリンが彼女の元に寝返ったらどうしようとマコは思っています。

しかし、マコの反応を見たシンシアが何が何だか分かってなかったので恋愛ごとには疎いと思われます。

それでも気にしているマコの表情が可愛いと感じました。

次回はシンシアを含めて日常編になるのではないかと思います。